里山紀行・名草山

今年も残すところあと3週間。夏の終わり以降、忙しくしていたので運動不足で体がギシギシと固まっている。心もお肌もギシギシ…。
なんとせねば。
と、名草山(なぐさやま)に登ることにした。

名草山は和歌山市の海を見下ろす里山で、標高は228.7メートル。中腹には西国三十三所第2番札所である紀三井寺があり、山頂までは複数の登山コースがある。数年前から体力づくりのために時々歩いているのだけれど、30分ぐらいで山頂まで登れるし、市街地にありながら自然が豊かでいいところだ。足腰を鍛えるために上ってくる老人たちと出会うことも多いが、さすがに夕方なので誰もいない。

IMG_9223

 

近隣の御老人にとってみれば、名草山は子どもの時からの遊び場であり、山中を巡っている小径は集落と集落を結ぶ生活道でもあった。紀三井寺のお祭りに行く時は、小銭を握りしめて夜の山道を何度も往復したそうだし、お正月には山頂から初日の出を拝む風習があったとも聞く。人々の暮らしや信仰と密接に関わっていた里山だが、高度経済成長期以降は登る人もなくなり、道が荒れてしまった時代もあったそうだ。

登り口にイノシシのワナを見つけて、ちょっと緊張する。
私はまだ出会ったことはないが、けっこう生息しているらしい。

IMG_9193

落ち葉を踏むザクザクした音とか、録ってみた。名草山は自然の雑木林だから落ち葉がたくさんあるが、杉や檜の植林山に落ち葉はないですよ。

途中、一本の木が、幹に俳句を掲げて立っている。実はこの俳句、季節によって定期的に掛け替えられている。どなたの作かは知らないが風流なご趣味だし、どんな方だろうと思いつつ、もう何年も鑑賞させてもらっている。

IMG_9155

 

ここにも。

IMG_9170

 

もう冬なのに秋の句のままなのが気にかかる。作者はお元気だろうか。
いや、私が勝手におじいさんだと思い込んでいるだけなので、もしかしたら渋好みの小学生かもしれないです。

IMG_9173

山頂に着くと、夕日が海に向かって下りてゆくところだった。水平線にくっきり沈むのを見届けたいと思ったが、日が暮れるとイノシシの活動が始まるので危険である。後ろ髪を引かれながら、あたふたと下り始めた。もう少しで海に沈むのだけれど。

IMG_9192

写真と文 北浦雅子

 

このエントリーをはてなブックマークに追加