高野町富貴 ① 生き神のこと

和歌山から紀ノ川に沿って県道55号線を遡っていく。
奈良に入ったところで山に向かってハンドルを切り、カーブを曲がりながら登っていくと中腹あたりで標識は再び和歌山県になった。途中には人家もなく、見えるのは山と空と路面のみ。ずいぶん登ってきたようで、見晴らしもよい。
今日の目的地は、和歌山県高野町の富貴(ふき)という集落だ。

くねくねと登ること約15分。
標高およそ600メートルの山上で不意に立派な屋敷や広い街道が現れてぎょっとする。ここが富貴。
隠れ里の風情を楽しみながら集落の中へ。

山上の小盆地に、これほど大きな集落が形成されたのは、ここが交通の要所であったから。宗教都市・高野山にも近く、十津川村や野迫川村、熊野方面へと通じる道がここで交差している。かつては産物を持ち寄った市が定期的に立ち、商店街が出来て旅館も数軒あったとか。

今は過疎が進んでいるようで、通りで人の姿を見かけることはなく、ひっそりしている。商店街に残った雑貨屋の店先で、日よけの布だけがパタパタと揺れていた。

そもそも富貴は高野山の寺領であり、漢字で「蕗」と書く里だった。農業と山仕事が盛んだったが、江戸時代に何度も大飢饉に見舞われて村を逃げ出す者もいた。当時、この集落で代官のような存在だった名迫伊光(なさこ これみつ)は困窮する人々に米や私財を分け与え、高野山に年貢の免除を願い出るなど村のために大いに尽くしたという。度重なる飢饉を乗り越えて「蕗」から「富貴」に改めたのは、「二度と飢えることのないように」と願いを込めてのことだろう。

下の写真は草に埋もれて朽ちていく旧家、名迫家の門構え。
無住となって長そうだが、ずいぶん立派なお屋敷だったことがわかる。

名迫伊光に感謝した村人たちは、彼がまだ生きているうちから「生き神」として手厚く祀った。
その祠、名迫明神は、屋敷から少し離れた高台に鎮座する。集落では今も、供え物の器や蝋燭台の入った「灯明箱」を順番に回して、持ち回りで守っているそうだ。

あちこち散策していると「成金」という名のバス停があった。
運行表を確認すると平日は1日に4本、土日は2本、五條市(奈良県)のイオンに行く小さなコミュニティバスが来る。和歌山県高野町に属しつつも、地理的、文化的に奈良県とのつながりの方が深いようだ。

バス停の横には「ここで写真を撮ると成金になれる」という看板。
山村をフィールドにしているような我々が成金になれるとは思えないが、せっかくなので撮影をする。
できることなら、あやかりたい。


近くには木材を並べた作業場があり、木工所の看板があった。奥に人の気配がしたので「こんにちは」と言うと「はぁい」と声はするが姿は見えず。
ふと地面を見ると車の下に潜り込んで修理中のようで、主らしい人物の足先だけが見えていた。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加