カテゴリー別アーカイブ: マガジン

熊野古道・藤白峠のエピソード

熊野聖域の入り口と言えば、ここ。和歌山県海南市の藤白神社である。熊野古道沿いにある九十九王子の中でも格式が高い王子社で、熊野詣での上皇たちも安全祈願に立ち寄っている。
1867年、境内にそびえるクスノキから名を授かったのは南方熊楠。「この名を受けしもの、病あるつど、件の楠神に平癒を祈る」と熊楠も記しているが、この巨木には子どもを守る「楠神さん」が宿っているのだ。

境内を通り抜けて、熊野古道へ。かつては宿場町だった集落から、峠にさしかかると右手に海が見えてくる。紀伊国屋文左衛門(きのくにや・ぶんざえもん)が江戸にミカンを運んだ港も、今や埋め立てられてタンクが並ぶ工業港。航行するタンカーのエンジン音を聞きながら歩く。

古道の脇には、可愛らしいお地蔵さんが一丁(約109メートル)ごとに現れる。距離を示し、道中の安全を守るために祀られたものだ。いくつかのお地蔵さんを通り過ぎて、ふと気がついたことがある。よく見ると、どのお地蔵さんのそばにも、小さな竹ぼうきが置かれているのだ。地元の方が掃除をされているのだろう。通っているのは、たぶん集落のお年寄り。「老人たちが亡くなったら、お地蔵さんはどうなるんやろ」と考えてしまった。今後は日本中の峠道で、多くのお地蔵さんが荒れ果てていくのだろうか。

この峠の見所は、筆捨松(ふですてまつ)と硯石(すずりいし)である。
筆捨松にまつわる伝説はこうだ。

平安時代、有名な絵師が熊野詣でに来て、ここで一人の子どもと出会う。絵師と子どもは互いに「自分のほうが絵がうまい」と言い張って、絵の描き比べをすることになる。絵師は松にウグイスを描き、子どもは松にカラスを描いた。どちらも上手に描けたようで、ウグイスとカラスは空に向かって飛び立った。そこで子どもが声をかけると、カラスは戻ってきて絵の中に納まった。しかし、絵師のウグイスはいくら呼んでも戻ってこない。絵師は「無念なり!」と叫んで筆を捨てました。と、いう話。

その子どもは熊野権現の化身で、絵師の慢心をいさめたのだとか。筆が根元に落ちたという松の木は、それ以来「筆捨松」と呼ばれている。

この出来すぎた伝説は、熊野信仰を広めようとの意図が見えすぎて私はあまり好みではないが、ちょっと面白いなと思うのが「硯石」のエピソードだ。
紀州徳川家の初代藩主である徳川頼宣が、なぜか筆捨松の伝説に過剰反応した。頼宣は巨大な石を硯の形に彫らせ、筆捨松の根元に据えた。筆を捨てたと伝わる場所に巨大な硯(すずり)を置くなんて、なんていうか、酔狂な殿様やなと思う。駄洒落みたいな話で、工事を命じられた職人たちもお気の毒なことだ。その事件が起こった現場がこちら。がっちりと柵で囲われているのが硯石である。へんな話。

山道を登り切ると、舗装された農道に出てしまう。藤白峠は反対側の下津から車道が通じているので、車で上がってくることも可能なのだ。街道沿いには、かつて旅籠を営んでいたような民家もあり、「蟻の熊野詣で」の時代を彷彿とさせる。
山頂にある地蔵峯寺に参拝。本堂の前にお接待のミカンが箱で置かれていたので、一個もらって階段に座って食べた。うららかな紀州の春の日に。

このエントリーをはてなブックマークに追加

インタビュー

準備中です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

九州山地の銀鏡神楽

12月14日、またしても宮崎県へ。
今回は銀鏡(しろみ)神社の夜神楽を見るのが目的なので、ヒートテックはもちろん思いつく限りの防寒着を身につけて寝袋や毛布、懐中電灯を持参して臨む。

銀鏡に到着したのは、午後3時頃。山の谷間に77世帯ほどが暮らす、ひっそりした集落だ。まずは銀鏡神社に参拝。後ろにそびえる龍房山が、銀鏡神社のご神体だとか。(熊野から勧請した分霊を、山上に祀ったことが信仰の起源とも)

神さびて、美しい社。DSCF4233

続いて銀鏡神社の末社のひとつ、宿神三方稲荷神社に向かった。「面様迎えの行列」を見るためだ。大祭の当日は集落にある5つの末社から、それぞれご神体として祀られている面がやってくる。(その面をかぶって舞うとき、神が降臨するという)

2キロほど歩くと、山肌に小さな社が見えてきた。神職や社家の方々が集まって神事を執り行っている。神事が終わると面を背負い、笛やホラ貝を吹きながら銀鏡神社に向けて行列が始まった。

DSCF4243

そろそろ日も落ちてきた。「山間部の日没は早いな」と思いながら、お囃子に合わせてゆっくり後ろをついてゆく。神社の近くまで来ると、集落の人たちや見物人たちが橋の上で行列を待っていた。ここでお面様たちが合流し、大祭の舞台である銀鏡神社に入っていく。

DSCF4250

とっぷり日も暮れた頃、贄(にえ)が祭壇に奉納された。イノシシの頭だ。その年によって数は違うが、今年は五体。狩猟で命をつないできた銀鏡では、イノシシは神である。「シシは供えもんやない。神格や」と地元の古老に私は聞いた。シシたちは鼻先を空に向け、ずらりと並んで氏子たちの舞を見る。

inosisi

舞が始まったのは午後8時頃。屋台でたこ焼きとお酒を買って座敷にすわる。畳と屋根があるだけの、あけっぱなしの建物なので冷えた風がぴゅうぴゅう通り抜けている。
見学者は毛布などにくるまって、それでも震えながら見るのだが、舞人たちは屋根もない外神屋で薄そうな白い衣に白袴。「寒いだろうに」と思うと、私もまた寒い。夜神楽見物は、やっぱり過酷…。

DSC_0145

 

そうこうしているうちに神々も降臨。
集落のあちこちで祀られている神々が、次から次へと出現する。
面をつけて中心で舞う神を、人々は敬意を持って迎え、共に遊ぶ。

DSC_0161

午前3時頃、「綱神楽」という演目が始まると、数ヵ月前にインタビューさせてもらった古老が颯爽と登場した。片手に真剣を持ち、「はっ」という掛け声とともに蛇に見立てた縄を何度も飛び越える。たしか御年81歳。一睡もせず、氷点下の寒風の中で気迫たっぷりだ。
「たましい見せにゃ」とおっしゃっていたが、そうか、こういうことか。
見せてもらったかも。

DSC_0167

 

朝まで起きていようと、かぶりつきで意気込んでいたのに、空が薄明かるくなってきた5時過ぎにとうとう寝落ちしてしまった。「眠ったら凍え死ぬぞ」と警戒していたにもかかわらず、後ろにひっくり返って寝たもよう。次に気が付いたら、すっかり夜が明けていた。
よかったよ、目が覚めて。
そしてむっくり起きあがった瞬間の、目の前の光景がこれ。

DSC_0170

朦朧とした頭で「信じがたい…」と思う。
極寒の中で一晩中舞っているってすごくないですか。どう考えても。

ぼんやり眺めていたら、これまで見た舞の記憶がだんだん甦ってきた。
闇の中で見た神秘的な光景は、現実だったのだろうか。この世とあの世のあわいに落ち込んだようで、夢かウツツか、もうよくわからない。

すっかり陽がのぼって昼を過ぎた頃、最後から二番目の演目「ししとぎり」が始まった。イノシシ狩りの様子を狂言劇に仕立てたもので、老夫婦のやりとりがほのぼのと笑いを誘う。「ほいほーい」という、とぼけた掛け声を聞きながら、翁の股間にぶらさがった大根を凝視。
この大根は、いや男根は「山の神」への供物である。山の神は女性だから、お好きですよねという無邪気な発想。

DSC_0186

ちなみに「ほいほーい」とは、猟師たちが山で獲物を追い込む時のかけ声である。この地には「ほいほーい」と言いながら山を行き来している妖怪、カリコボーズもいるらしい。

「ししとぎり」の次は「神送り」。顔の前後に面をつけ、臼を担いで歩く2人と、杵を手にして踊り歩く人が現れた。神歌を歌いながら去ってゆく様子が、なんだか切ない。神と人が共に過ごす楽しい時間は終わってしまった…。物悲しい気持で後ろ姿を見送る。神々はおそらく、山中の異界に帰ったのだろう。

神送りが終わると贄も祭壇から下げられ、その肉と米を煮込んだ雑炊、シシズーシーが観衆にふるまわれた。山の生命体を、私の中にいただく。

DSC_0180

 

〈 みちとおと日本     文•写真/北浦雅子 〉

「みちとおと(道と音)」とは熊野古道•中辺路を取材して、私たちが制作したウェブサイトのことです。「みちとおと日本」は、その続編。サウンドマップの縮尺を広域にすると、この記事の取材地に音のアイコンがあります。現地を探してクリックしてみてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京5

tokyo8

ゲストハウスの朝ご飯。

三角おにぎりを指さして

「フジサン」と言ったのは

オーストラリアの人でした。

 

写真・清水いつ子  文・北浦雅子

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京4

tokyo6

宿の壁飾りは古い欄間

作ったのは美形の職人で

ちょっと神経質な江戸の男

 

写真・清水いつ子  文・北浦雅子

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京3

tokyo5

 

「酒びたりの小説家がここで

愛人と暮らしていました」

という妄想に、

正座して酔いしれる。

 

写真・清水いつ子  文・北浦雅子

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京2

tokyo2

市ヶ谷のカフェにて

異国の豆料理にいやされる。

どこにいても、豆は気力の源です。

 

写真・清水いつ子  文・北浦雅子

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京1

tokyo1-1

御茶ノ水駅、ひじり橋から見下ろすと薄曇り

 

写真・清水いつ子  文・北浦雅子

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

九州山地の米良地方へ

10月の半ば、海を渡って訪ねたのは宮崎県の山間部。1000メートル級の山々は急峻で、カーブを曲がるたびに切り立つような山肌が現れる。熊野とは似て非なる険しさ。

川筋をたどって銀鏡(しろみ)、西米良(にしめら)と集落を巡る。
このあたりは焼き畑や、狩猟で生きてきた山の民の居住地。12月の祭の日、各集落では夜が明けるまで神楽を舞い続ける。その時、祭壇には「オニエ」と呼ばれるイノシシの頭が供えられるそうだ。想像すると、まるで山中の異郷のようで、平地人の私は戦慄する。

最初に話を伺ったのは、銀鏡神楽を継承されている古老と、西米良神楽を継承されている古老。子どもの頃の「神楽ならい」、狩猟の話、カリコボーズの話など、それぞれ長時間にわたって語ってくださった。ちなみにカリコボーズとは、「ほいほい」と言いながら山の尾根を行き来している妖怪というか、山の神の使いである。

『熊野那智大社米良文書』という史料によると、銀鏡神社の別当を務めていた豪族は鈴木氏を名乗っており、熊野から来たと記されているそうだ。熊野の鈴木氏と言えば、熊野三山と関わりが深い。「米良の神楽は、熊野修験の影響を強く受けているんですよ」と教えてもらって驚いた。山の信仰文化は、列島の峰々や海を越えて確かにつながっているのだな。

下の写真は西米良村の中心部、村所(むらしょ)の集落。川沿いの小さな盆地に学校や役場、商店などが集まっている。

IMG_8306

こちらは昭和14年頃に撮影された村所の集落。まだ茅葺き屋根が目立つ。
ちなみに西米良村は民話の宝庫で、「まんが日本昔ばなし」でも紹介された「龍の渕」の里だ。

IMG_8325

古老が自分で彫ったという見事な面を見せてもらった。(神楽では面を被って舞う演目もあり、「お面さま」と敬われて神格化されていたりする)
面の裏には、彫りあげた年月日に続き「米良山住人 ●● 作」と名が記されていて、ぐっときた。
山の民だけが持つことを許される、山への帰属意識。

IMG_8322

古老の家を後にして、村のメインストリートにある理髪店を覗く。こちらの店主が神楽の笛を製作しているそうで、面も彫る。鏡の横には無造作に笛の束が立てられて、壁にはいくつもの面。西米良の人々にとって、神楽がいかに身近なものかよくわかる。…にしても、異文化だ。

IMG_8345

そうそう、もうひとつ面白い話があった。

宮崎に炭焼きの技術を伝えたのは紀州の職人たちで、それが日向備長炭の始まりであると言われている。そのことは資料で読んで知ってはいたが、西米良村でこんな話を聞いたのだ。

「昭和の始め頃ですかね。紀州から渡ってきた炭焼きさんたちが、わたしたちは毎日、茶がゆを食べますって言って、その作り方を教えなさった」

90歳前後の老夫婦はそう話すと、茶がゆの作り方を細かく話してくれた。
紀州のソウルフード、茶がゆについて米良山住人に学ぶ。

IMG_8359

当時の炭焼きさんたちは、山から木を伐り出して運ぶ時、必ず「落とすぞーい」と声をかけたという。「山の神が寝とることもあるからね」と古老は言った。

帰路、一ツ瀬ダムの近くでキツツキらしき声を録る。ダム湖の底には集落が眠っているそうだ。

〈 みちとおと日本   文•写真/北浦雅子 〉

「みちとおと(道と音)」とは熊野古道•中辺路を取材して、私たちが制作したウェブサイトのことです。「みちとおと日本」は、その続編。サウンドマップの縮尺を広域にすると、この記事の取材地に音のアイコンがあります。現地を探してクリックしてみてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

九度山町の金時さん

和歌山県の北部、高野山の麓に広がる九度山(くどやま)町。紀ノ川沿いには弘法大師•空海の母が暮らした慈尊院があり、空海は月に九度、高野山から20キロの山道を下って母を訪ねてきた。それが地名の由来と語り継がれている。

また、九度山町には戦国時代の武将、真田幸村の屋敷跡に建てられた寺院、真田庵がある。小耳に挟んだ話では、2016年の大河ドラマの主人公が真田幸村に決まり、九度山町役場の3階から「真田丸 制作決定」の赤い幕が垂れ下がったとか。

しかし今回、私が九度山町を訪ねた理由はひとつ。世界遺産の慈尊院も、大河ドラマの真田庵もスルーして、目指すは米金(こめきん)の金時さん。川沿いの駐車場に車を置いて細い路地に入っていく。商店が並ぶ旧街道をしばらく歩くと、おられました。

金時さん

町家の軒先で、微妙なポーズの金時さん。大正の始め、九度山焼の作家、南紀荘平氏によって作られた陶像で、身長は約2メートル。南紀荘平さんは「天才肌の人」と町史に記されているが、写真に残るその風貌は、ロック魂あふれるアーティスト風だ。傲慢そうに壊れた感じが色っぽい。

(こちらでお顔が見られます)

荘平さんを主人公にしたドラマも作ってもらいたい。そう思いながら、付近をぶらっと歩くと電柱に真田幸村さん。

歴史街道

歴史街道

九度山町では大河ドラマの放映に備えて、インフラ整備も進めているようだ。無料の駐車場もあるし、以前に比べるとずいぶん散策しやすくなっていた。甲冑(かっちゅう)などの時代衣装で写真撮影する「コスプレ冬の陣」も開催されたそうで、チラシには「血のりOK!」と記されていた。

九度山の風景

小高い山の上から紀ノ川を望む。あたり一面は、みかんと柿の木。このまま川を遡って、大和(やまと)に行くのもよさそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加